夏期のアニメがおおよそ終了しました。怒涛のラノベ勢というちょっと前例にないアニメ化合戦が繰り広げられた今期ではありましたが最終的にどのような結果になったのでしょうかというわけでまとめです。

この考察ではアニメ放映開始の前後3ヶ月ずつの社内全店計データを基に、「どれだけ売れたか」「どれだけ伸びたか」というのをデータとして出しています。調査方法は「アニメを見て原作を買っていただいた」という点をこのランキングでは非常に重視しておりますので、各タイトルの1巻のデータを引っ張り出してきています。書店で取り扱っているものに「原作」が無ければ対象外です。なお、2期モノやニコニコオンリーなものは除外してます。また、今回の集計につきまして、「だから僕は、Hができない。」は関東圏以外での地上波放映がなかったという点も考慮に入れていただければと思います。

・販売冊数(pt)
放映開始1ヶ月の販売冊数で一番数の多かった「ソードアート・オンライン」の販売数を元に、同一の係数をかけてポイントにしたものです。ですので、8月集計のときとは違い、1位は1000ptにはなりません。

・売上上昇率(%)
放映開始3か月間の売れ方が、放映3ヶ月前の販売実績と比べてどれだけ伸びたかという値です。
100%で前期同数、200%なら前期の倍売っているということです。

・販促効果指数(pt)
上記2つの値をかけ合わせたものです。前まで「人気指標」と呼んでましたが、このほうがしっくりくるので春期まとめより呼び方を変更しました。
販売実績(pt)

中間報告時の1位、「ソードアート・オンライン」の実績に準ずる)

01位:ソードアート・オンライン 3,753pt
02位:じょしらく995pt
03位:織田信奈の野望 900pt
04位:ココロコネクト 749pt
05位:貧乏神が! 721pt
06位:人類は衰退しました 569pt
07位:カンピオーネ! 566pt
08位:うた恋い。 506pt
09位:はぐれ勇者の鬼畜美学 428pt
10位:この中に一人、妹がいる! 241pt
11位:トータル・イクリプス 201pt
12位:だから僕は、Hができない。 165pt
13位:うぽって!! 162pt


ソードアート・オンラインがもう怪物級の伸びを見せました。この指標、中間のSAOの数が準拠なので、中間の1000ptから3753ptまで伸ばしているわけです。3.75倍ですよ?どんなに良くても大体3倍弱ですしなによりも週売りが日が経つごとに増えていっているからすごい。いくら2期モノで話が続いてるといえどもこれはちょっと驚きを超えた驚きです。また、個人的に販売実績では<ISライン>(IS放映中の販売実績)というのもひとつ区切りの数字として参考にしてるのですが、あっさり軽く凌駕しました(ISラインの1.34倍)。2005年くらいからのラノベの人気作はある程度数字をピックアップしてみてますけれども、おそらくラノベ原作アニメにおける期中原作1巻の販売数が過去最高(当社比)を記録したのは間違いないですね。

2位はじょしらくですが、まぁ今回SAOが怪物級ですのでそのへん考慮すれば十分な数字なんですよ。もっと売れてもよかったんですが、品切れることが度々あったのでちょっとこちらサイドの販売計画的な意味での反省点です。

3位は織田信奈の野望です。安定的に売れていてくれたと思いますし、自分の店的にはホントにちょうどいい塩梅でぴったり売り切ったので個人的には大成功ですね。ラストで信玄ちゃんがドーンと来たので続きが気になった人は買うといいのよさ~


売上上昇率(%)

(対前期[4-6月]比)

01位:トータル・イクリプス 2158%
02位:じょしらく 1855%
03位:人類は衰退しました 1494%
04位:ココロコネクト 1035%
05位:貧乏神が! 730%
06位:ソードアート・オンライン 682%
07位:織田信奈の野望 681%
08位:はぐれ勇者の鬼畜美学 501%
09位:カンピオーネ! 355%
10位:うた恋い。 330%
11位:この中に一人、妹がいる! 176%
12位:だから僕は、Hができない。 144%
13位:うぽって!! 50%


トータル・イクリプスはアニメ化サマサマ感が強いですね。これまでは買って行かれる方が限られてましたので。(元々の売れ行きとか考えちゃダメ)
また、じょしらくがぐんぐん伸ばして上昇率でも2位につけました。人類は衰退しましたも最終的に3位になりましたが最後の2週くらいかなり切らしてしまってたので、まだ伸ばせたタイトルだったのかなと思います。

販促効果指数(pt)

(販売実績×売上上昇率)

01位:ソードアート・オンライン 25,591
02位:じょしらく 18,464
03位:人類は衰退しました 8,503
04位:ココロコネクト 7,754
05位:織田信奈の野望 6,134
06位:貧乏神が! 5,262
07位:トータル・イクリプス 4,347
08位:はぐれ勇者の鬼畜美学 2,146
09位:カンピオーネ! 2,010
10位:うた恋い。 1,673
11位:この中に一人、妹がいる! 425
12位:だから僕は、Hができない。 238
13位:うぽって!! 81


まだまだ衰えを見せないSAOはどこまで伸ばすのでしょうかというところですね。
ラノベ勢は明暗がくっきり別れる形になってしまいました。

***

夏期アニメを見る上での参考のひとつにしていただければと思います。
各値を見てみると、数ではソードアート・オンラインの圧倒的な人気がうかがえますが、各値で2位につけているじょしらくも評価されているというのが読み取れるなぁという今回の結果でした。次回は11月初旬に秋アニメの中間報告でお会いしましょう~

【関連】
2012年夏アニメの人気を書店の売場的に考察(7月分のデータでの中間報告)
2012年春アニメの人気を書店の売場的に考察【期末編】